お知らせ

2020.7.1
日本遺産に認定 「女性とともに今に息づく女人高野」

日本遺産『女性とともに今に息づく女人高野~時を超え、時に合わせて見守り続ける癒しの聖地~』
令和2年6月19日、室生寺(宇陀市)、慈尊院(九度山町)、不動坂口女人堂(高野町)とともに天野山金剛寺(河内長野市)が日本遺産になりました。
当山は、平安時代末期に創建され、その後、後白河上皇の皇妹八條女院の祈願所となり、女院に仕える女房が院主になるなど、創建当初から女性皇族方が厚く信仰されました。
このため、早くから女人高野として知られ、女人禁制の高野山にかわって女性のお参りが絶えませんでした。
【詳細URL】https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/