平成大修理

平成21年より始まった、平成大修理の様子を落慶法要までお伝えします。

年月で選ぶ
平成24(2012)年4月
写真:

金堂解体工事1

床組材の転用古材。根太、大引き材などに金堂の部材とみられる軒回り材、使用位置不明材、他の建物の部材とみられる転用古材などが混在して使用されている。
写真左の長尺材は側廻りの丸桁とみられ、下端及び側面に巻斗で受けた痕跡と、上端に垂木止め釘跡がほぼ等間隔に残る。

写真:

多宝塔塗装工事1

多宝塔内部柱彩色の剥落破損状況。

写真:

多宝塔塗装工事2

多宝塔内部彩色の剥落止め処理実施中。牛皮和膠を使用。

  1. prev
  2. next