弘法大師正御影 ~2008年04月21日~

イベント概要ページへ

蒼天の中、4月21日、正御影供が催されました。

 

 

 Highslide JS Highslide JS

承安2(1172)年、阿観上人が修したのが始まりで以来800年以上も続く大法要。
金堂には美しく飾り付けされている百味飯食(ひゃくみのおんじき)と餅の供物。

Highslide JSHighslide JSHighslide JS

練供の行列が法螺の音と共に山伏、稚児、散華を撒きながらの僧が金堂へ。
読経が聞こえる中、金堂での法要が終わり御影堂へ手渡しで奠供されていきます。
ひとつひとつ丁寧に大師御影に捧げられていきました。

その後に、餅撒きが催されにぎやかな境内に笑顔が耐えないあたたかな1日となりました。